読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Goodfind九州ブログ

Goodfind九州支部が運営するブログです。

MENU

もう怖くない!グループ面接を乗り越える5つのポイント!

こんにちはGoodfind九州です!

幾つかの企業で選考が進み、大手企業の選考を前に気持ちが再び引き締まってくる頃ではないでしょうか。

 

さて、前回は面接のポイントについての記事を更新しましたが、就活中にグループ面接を経験したことは有りますか?

グループ面接とはその名の通り、複数の就活生が同時に受ける面接形式をいいます。大手企業の場合足切りに使われることも少なくありませんが、普通の面接とは何が違うのでしょう。面接で気を付けるポイントなどはあるのでしょうか。今回は「もう怖くない!グループ面接を乗り越える5つのポイント!」と題して、グループ面接での抑えておきたいポイントをご紹介いたします。

 

f:id:gfkyushu:20170512095541j:plain

1.他の人の発言に惑わされないで、自分の言葉で伝える

 自分の前に発言をした人があまりにも優秀であったりすると、自身をなくしてしまうかもしれません。しかし自身を持って、なおかつ自分自身の言葉で面接官に伝えることが大切です。前回、

面接を受ける前に見てほしい!抑えておくべき5つのポイント - Goodfind九州ブログ

でも書きましたが、他人の言葉を借りてきて発言をしても、面接官には分かってしまいます。

 また、志望動機や自己PRなどの答えが前の人とかぶってしまったとしても、具体性やオリジナリティを持たせれば問題はありません。焦らずに自分の経験や価値観などを織り交ぜて伝えましょう。



2.言いたいことをできるだけ簡潔に伝える

 グループ面接では、普通の面接よりも一人に当てられる時間が短いです。その為、いかに簡潔に自分の伝えたいことを面接官に伝えられるかが、合否を分ける鍵となってきます。

事前に自分の伝えたいことを簡潔に伝えられる表現も考えておきましょう。自分と面接官のバックグラウンドが異なることを把握したうえで、「伝えたいこと」を表現するのに適切でわかりやすいエピソードとセットになっているかを意識しましょう。

 

3.挙手制の場合は率先して手をあげる

 グループ面接では時々、挙手制の場合があります。先程も言いましたが、グループ面接は時間が短いため、最後になればなるほど発言できる時間が短くなるか、最悪の場合、飛ばされることもあるため、率先して手をあげることが重要となってきます。

 

4.他の就活生の話も聞く

 他の就活生の話も混ぜて話せると良いですね。例えば、「先程〇〇さんもおっしゃっていたのですが~」など、特に名前を覚えておくことも重要でしょう。

また油断をしていると、「先程の〇〇さんの意見についてどう思われますか?」など意表を突かれた質問をされることもあります。自分の話が終わって、ほっとするのではなく、しっかりと他の人の話も聞くことが大切です。



5.場をつくる

 グループ面接ではどうしても周りにいる人を敵と思ってしまうかもしれません。しかし、同じ空間にいる人を協力して乗り越えていく仲間と思って、その場の空気を作りましょう。そうすることで、自分や周りの緊張を解すだけでなく、面接官からみた印象も良いでしょう。

 

いかがでしたか?

グループ面接とはいえど、人と人のコミニュケーションであることは変わりないため、基本は普通の面接と同じです。他の人の意見に惑わされずに、自分を発揮出来ることができればグループ面接も難なく通過することが出来るでしょう。以上のポイントを踏まえて、これから先の選考も是非頑張ってください。

 

セミナー情報や、企業の選考情報など、いち早く知りたい方はGoodfind2018に登録を!Facebookページではブログの更新情報も流しているので、気になる方はページにいいねをお願いします!

▼Goodfind公式ページ

Goodfind 2018 企業を厳選して良質な情報をお届けする

 

▼Goodfind facebookページ

https://www.facebook.com/goodfind.kyushu/