読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Goodfind九州ブログ

Goodfind九州支部が運営するブログです。

MENU

初めての企業分析!〜規模にとらわれない考え方〜

初めてシリーズ 就職活動 企業分析

こんにちは!

自己分析ESで、ある程度自分の情報を整理できたのではないでしょうか?

▼前回の記事をまだ読まれていない方はこちら!

 

gfkyushu.hatenablog.com


それでは、企業分析に入っていきましょう!

 

そもそも、企業はどんな要素でできているんでしょう?

 企業規模、業界、業種、理念、文化、人、風土、福利厚生、etc…

 様々な要素があるので、一様に企業分析と言われてもしっくりこないですよね?

ネットで検索したり、合同説明会に行ってもなんとなくしか分からない。

 

そう、企業分析を行う上で重要なのは、

 ”最後は自分の目で見てしっかり決める!”

 ということです。

 

f:id:gfkyushu:20161221101621j:plain

例えば、「業界」という軸で企業を見てみましょう

 最近学生の間で人気なのは、IT、広告業界のようです。(筆者がよく志望業界は?と聞くと、この返答が返ってきます。)

では、それぞれの業界は何をしているのでしょうか?

 

広告業界について考えてみると、

下の図のような感じになっています。

 

www.slideshare.net

 

はい、分かりにくいですね(笑)

上記の図は「カオスマップ」といって、

企業を分類する時に使われたりします!

 

市場規模マップなども類似例としてあげておきますので、興味のある人は見てみてくださいね!

 

広告業界」と言っても、

その中には様々な分類があるように、

IT業界やインフラなどのものについても同様です。

 

つまり重要なのは、

"その業界の全体像を理解しておくこと"

"詳細を実際に会って聞くこと"です!

 

企業が来るイベントや、OB訪問をするなどして、その会社がどんな業務を行っているのかを把握しましょう!

 

複数社の話を聞いていくうちに、

業界の全体像が見えてきます!

 

まずは自分の足を動かしてみて、

その中で気になることを自分で調べる

 

このサイクルを繰り返し行うことで、より鮮明に企業を分析していくことができます!