読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Goodfind九州ブログ

Goodfind九州支部が運営するブログです。

MENU

もう怖くない!グループ面接を乗り越える5つのポイント!

こんにちはGoodfind九州です!

幾つかの企業で選考が進み、大手企業の選考を前に気持ちが再び引き締まってくる頃ではないでしょうか。

 

さて、前回は面接のポイントについての記事を更新しましたが、就活中にグループ面接を経験したことは有りますか?

グループ面接とはその名の通り、複数の就活生が同時に受ける面接形式をいいます。大手企業の場合足切りに使われることも少なくありませんが、普通の面接とは何が違うのでしょう。面接で気を付けるポイントなどはあるのでしょうか。今回は「もう怖くない!グループ面接を乗り越える5つのポイント!」と題して、グループ面接での抑えておきたいポイントをご紹介いたします。

 

f:id:gfkyushu:20170512095541j:plain

1.他の人の発言に惑わされないで、自分の言葉で伝える

 自分の前に発言をした人があまりにも優秀であったりすると、自身をなくしてしまうかもしれません。しかし自身を持って、なおかつ自分自身の言葉で面接官に伝えることが大切です。前回、

面接を受ける前に見てほしい!抑えておくべき5つのポイント - Goodfind九州ブログ

でも書きましたが、他人の言葉を借りてきて発言をしても、面接官には分かってしまいます。

 また、志望動機や自己PRなどの答えが前の人とかぶってしまったとしても、具体性やオリジナリティを持たせれば問題はありません。焦らずに自分の経験や価値観などを織り交ぜて伝えましょう。



2.言いたいことをできるだけ簡潔に伝える

 グループ面接では、普通の面接よりも一人に当てられる時間が短いです。その為、いかに簡潔に自分の伝えたいことを面接官に伝えられるかが、合否を分ける鍵となってきます。

事前に自分の伝えたいことを簡潔に伝えられる表現も考えておきましょう。自分と面接官のバックグラウンドが異なることを把握したうえで、「伝えたいこと」を表現するのに適切でわかりやすいエピソードとセットになっているかを意識しましょう。

 

3.挙手制の場合は率先して手をあげる

 グループ面接では時々、挙手制の場合があります。先程も言いましたが、グループ面接は時間が短いため、最後になればなるほど発言できる時間が短くなるか、最悪の場合、飛ばされることもあるため、率先して手をあげることが重要となってきます。

 

4.他の就活生の話も聞く

 他の就活生の話も混ぜて話せると良いですね。例えば、「先程〇〇さんもおっしゃっていたのですが~」など、特に名前を覚えておくことも重要でしょう。

また油断をしていると、「先程の〇〇さんの意見についてどう思われますか?」など意表を突かれた質問をされることもあります。自分の話が終わって、ほっとするのではなく、しっかりと他の人の話も聞くことが大切です。



5.場をつくる

 グループ面接ではどうしても周りにいる人を敵と思ってしまうかもしれません。しかし、同じ空間にいる人を協力して乗り越えていく仲間と思って、その場の空気を作りましょう。そうすることで、自分や周りの緊張を解すだけでなく、面接官からみた印象も良いでしょう。

 

いかがでしたか?

グループ面接とはいえど、人と人のコミニュケーションであることは変わりないため、基本は普通の面接と同じです。他の人の意見に惑わされずに、自分を発揮出来ることができればグループ面接も難なく通過することが出来るでしょう。以上のポイントを踏まえて、これから先の選考も是非頑張ってください。

 

セミナー情報や、企業の選考情報など、いち早く知りたい方はGoodfind2018に登録を!Facebookページではブログの更新情報も流しているので、気になる方はページにいいねをお願いします!

▼Goodfind公式ページ

Goodfind 2018 企業を厳選して良質な情報をお届けする

 

▼Goodfind facebookページ

https://www.facebook.com/goodfind.kyushu/

 

面接を受ける前に見てほしい!抑えておくべき5つのポイント

こんにちは!

goodfind九州です。

 

桜も散ってきて、そろそろ企業説明会に行くのも、ESを書くのにも、疲れてくる頃ではないでしょうか。しかし、就活の本選考に向けて、特にこれから面接を受けることが増えるため、ここで気を抜くわけにも行きません。

今回は”面接を受ける前に見てほしい!抑えておくべき5つのポイント”と題して面接でのポイントについてご紹介したいと思います。

 

f:id:gfkyushu:20170426205542j:plain



1.等身大の自分を見せること

面接では素直な自分で挑みましょう。

どんなに面接で嘘を重ねても、深掘りしていくと結局面接官にはばれてしまいます。例え嘘を通して入ったとしても、自分のためにも企業のためにもなりません。

 

 

2.自信を持って自分の言葉で語ること

面接やESでは就活生の多くが他人の言葉を借りてきているように思います。例えば「若いうちから裁量権のある仕事がしたい」といっても、若いとはどの年齢か、裁量権ってどのくらいの仕事を任せてもらえるのか、など漠然としていることが多いですね。自分の言葉に言い換えることで、具体性を持って語ることが出来るようになります。



3.面接官の質問に対して的確にこたえること

中身がどんなに良い内容であっても、質問に対しての答えになっていなければ意味がありません。例えば、「頑張ったこと」を聞かれているのに、「3年間、生徒会に所属していました。私が生徒会に入ったのは、みんなをまとめて引っ張っていくリーダーとしての力をつけたかったからです。」などと答えてしまっては、明らかに質問とは違う答えになってしまいます。

面接官の質問には、きちんと的を得た回答をするように心がけましょう。

 

 

4.自分と相手の前提が異なることを理解すること

面接官はあなたとは違う環境で生きてきています。例えば「やりがいのある仕事がしたい」ですが、相手の思うやりがいと自分にとってやりがいは違いますよね。面接官が自分の仕事の結果に対してやりがいを感じるかもしれないし、人の助けになることにやりがいを感じるかも知れません。

2と重なりますが、抽象度の高い言葉はできるだけ具体的に相手に伝えましょう。

 

5.ひたすら練習あるのみ

面接で深掘りして質問された際の答えをしっかりと考えておきましょう。1にも繋がってきますが、等身大の自分を見せるためには練習が必要です。



いかがでしたか?

面接では思いもよらぬ質問をされることがあります。「中国と日本は今後どのように付き合っていくべきか」など、聞かれた瞬間では応えられない質問もあります。

何も言わないのはNGです。1度落ち着いて考えて自分なりの答えを出せば良いでしょう。

これからどんどん選考が増えていくと思いますが、以上のポイントを踏まえてがんばってください。

 

Goodfindの講師の北村さんのブログでは、バックグラウンドの違う相手とのコミニュケーションのとり方について書かれています。気になる方は是非ご一読を!

 

言葉よりも大切なもの - 元総合商社の人が就活とベンチャーについて語るお。

 

セミナー情報や、企業の選考情報など、いち早く知りたい方はGoodfind2018に登録を!Facebookページではブログの更新情報も流しているので、気になる方はページにいいねをお願いします!

▼Goodfind公式ページ

Goodfind 2018 企業を厳選して良質な情報をお届けする

 

▼Goodfind facebookページ

https://www.facebook.com/goodfind.kyushu/

必見!グループディスカッションを勝ち抜くためのポイントとは


こんにちは。
Goodfind九州です。

説明会に参加したり、エントリーシートを出したりする中で、そろそろ面接やグループディスカッションなどの本選考が気になってくる時期ではないでしょうか。


今回は「必見!グループディスカッションを勝ち抜くためのポイントとは」と題してグループディスカッションで抑えておくべきポイントをご紹介したいと思います。

 

f:id:gfkyushu:20170413145938j:plain


1.議論の入り口を決める
まず、チームみんなの前提を揃えておくことが大切となります。ここでチームの中で認識にズレが生じていると後々意見が対立する原因となってしまいます。
では前提を揃えるというのは具体的にどうするのでしょう。
一つ例を挙げてみます。

議題:コンビニの売上をあげるにはどうしたら良いか

まずは「コンビニ」ですが、コンビニはどこにある、どのコンビニ(ファミリーマート、ローソン、セブンイレブンなど)なのでしょうか。
就活の選考はいろんな県から人が集まってくるため、コンビニの定義は人によって大きく異なってきます。

次に「売上をあげる」ですが、どのくらいの期間でどのくらい売上をあげるのでしょうか。
人によっては一ヶ月という短期的な期間をイメージしているかもしれないし、一年以上の長期的な期間をイメージしているかもしれません。
前提を揃えると言うのは、前提が違うことによって議論が無駄に発散するのを防ぐために、チームメンバーの”イメージ”を揃えることです。

2.議論の出口を決める
最終的なアウトプットの要素と形式を確認しておきましょう。いざ発表するとなったときに何(要素)をどんな言い方(質問に対応した形式)で言わなければならないのかイメージを揃えておかなければ、議論の着地点が曖昧になってしまいます。


3.出た答えは網羅的かを検証する
よく言われる「もれなく、ダブりなく」「MECE」ですね。分かってはいるもののどうやって検証したらいいのかわかりませんよね。これは具体化と抽象化を繰り返して検証していくしかありません。一般原理から個々を推論する演繹的推論と、個々の情報から一般事象を導き出すことを帰納的推論を、抽象化と具体化=ロジカルシンキングの中でうまく使い分けることが重要となってきますね。

4.最初の問に対して答えているか確認する
これは議論の最後に必ずしてほしいことです。最終的にアウトプットが出せていても、出された議題にそった答えになっていなければ、良いアウトプットとはいえないでしょう。

いかがでしたか?
グループディスカッションでは、全く違う環境で育った人たちと議論をしなければなりません。その時のメンバーで、ファシリテーターになるのか、書記をするのか、アイデアマンになるのか、臨機応変に対応することが選考を勝ち抜く鍵となってくるでしょう。

選考のときは早めに会場に行って、チームの中で自分の立ち位置を作っておくことも一つの手ですね。グループディスカッションが始まる前の自己紹介で会話を回すことで、ファシリテーターになりやすくなるでしょう。

選考は会場に入ったときからはじまっていると思って挑みましょう!

 

また、ロジカルシンキングが苦手という方にはこちらの本がオススメです。

▼東大生が書いた 問題を解く力を鍛えるケース問題ノート

www.amazon.co.jp


具体化と抽象化を行き来するのが苦手という方には以下の本がわかりやすいですよ!

▼具体と抽象

www.amazon.co.jp

 

Goodfind講師の北村さんが書いているブログでは、面接やグループディスカッションなど、就活においてバックグラウンドの異なる初対面の相手とのコミュニケーションについて記事を更新しています。是非読んでみてくださいね!

言葉よりも大切なもの - 元総合商社の人が就活とベンチャーについて語るお。

 

Goodfinf九州では、4月23日にGoodfindが厳選した優良成長企業が集うキャリアイベントを福岡で開催いたします。グループディスカッションの選考も有りますので、練習したい方も是非お越しください!

【18卒向け合同説明選考会】4/23(日)ベンチャーサミット福岡


セミナー情報や、企業の選考情報など、いち早く知りたい方はGoodfind2018に登録を!Facebookページではブログの更新情報も流しているので、気になる方はページにいいねをお願いします!

▼Goodfind公式ページ

Goodfind 2018 企業を厳選して良質な情報をお届けする


▼Goodfind facebookページ

https://www.facebook.com/goodfind.kyushu/

 

「アルバイトしか書くことがない…」と思っている就活生に伝えたいESの5つのポイント

こんにちは。

Goodfind九州です!

 

最近周りの就活生から「ESでなにを書いたら良いのかわからない」という相談を受けます。

学生団体をしている方や、留学をしている方などは自分の強みや頑張ったことなど書きやすいと思います。特によく相談を受けるのは、大学生活の時間をサークルやアルバイトに費やした学生さんです。

 

今回は、ESの書き方についてお話したいと思います。

 

学生時代にアルバイトしかしてない…

f:id:gfkyushu:20170404235033j:plain

 

まず、「何を書けば良いのかわからない」「アルバイトしか書くこと無い」という方、アルバイトでも全然いいんです。アルバイト中は無意識のうちに気をつけていることが多いと思います。

 

筆者は飲食店でアルバイトをしていたのですが、常に入り口が見えるように意識していることや、自分の中で仕事に優先順位をつけて動くことって当たり前にしていました。でも、その力って、結局は社会に出ても必要な力だったりします。アルバイトじゃなくても、高校のころの部活やサークルでの活動などでも、自分が何に一番時間を費やしたか、熱を注いだのか考えて見ましょう。

 

以下の順番で考えていくと、考えやすいかもしれません。

 

・自分がアルバイト (サークル、部活)で何を得たのかを考える

・そのために具体的に何をがんばったのかを考える

・頑張るためのモチベーション・価値観を考える

 

では実際にどんなことに気をつければいいのでしょう。

 

 

その1 何を得たのかをはっきりさせる

ESを書いているときに自分の経験だけをだらだらと書いていませんか。自分がその経験から何を得たのか、相手に伝わる形で書きましょう。周りの友達や先輩に見てもらって、伝わる文章になっているか確認しましょう。

 

その2 ストーリーにオリジナル性を持たせる

当たり前と思っているかもしれませんが、本当に重要なことです。実際に学生のうちで経験できることは限られてくるため、得たものではみんな似たようなものになってしまうことが多いと思います。大切なのは自分の経験にどうやってオリジナル性を持たせることができるかです。(例えば、「お客様の落とした箸に一番に気づくことができる」など)

 

その3 仕事に置き換えたときでも発揮できる力かどうか

これは中々盲点ではないでしょうか。実際に人事の方は学生の経験から仕事にどう活かせるのかを見ています。自分が得た能力が社会に出てからどう活かせるのかを考えて見ましょう。

 

その4 一貫性を持たせる

例えば、強みが「一つのことを続けるのが得意だ」といっているのに、自己PRで「いろいろな挑戦をしたかったから多くのアルバイト経験をした」などは話に一貫性がありませんよね。




その5 自分の言葉で書く

よくネット上に実際に他の人のESがあがっていたりすると思います。文章構成などを参考にするのは良いですが、似せて書くのはお勧めしません。もしESが通過したとしても、言葉の言い回しや語彙のレベルで面接官に伝わってしまうでしょう。




また、自分の強み弱みに関してですが、どちらかが思いつかない場合その逆を考えて見ましょう。

 

(例)

弱み:人の意見に流されやすい

強み:素直に人の話を聞くことができる

 

また、弱みを書く際、弱みを強みで補完できるか・弱みを克服するための努力を踏まえて書くと良いですね。

 

いかがでしたか?

ESでも面接でもいえることですが、いかに自分の等身大の姿を見せることができるかが鍵となってきます。等身大の自分を見せるためには、ESにしろ面接にしろいかに練習して慣れておくかが重要です。

 

Goodfinf九州では、4月8日に自己PR&コミュニケーション養成講座を開催いたします!

是非、練習のためにも参加してみてください。

 

Goodfindスキルアップセミナー 面接力を高める自己PR&コミュニケーション力養成講座 Goodfind スキルアップセミナー | 2018

 

セミナー情報や、企業の選考情報など、いち早く知りたい方はGoodfind2018に登録を!Facebookページではブログの更新情報も流しているので、気になる方はページにいいねをお願いします。

 

▼Goodfind2018

https://www.goodfind.jp/2018/

 

▼Goodfind九州Facebookページ

https://www.facebook.com/goodfind.kyushu/



失敗しないためのOBOG訪問のポイント5選

 

こんにちは!
Goodfind九州です。

解禁から一ヶ月がたちますね。合説を終えてESの締め切りに追われている方が多いのではないでしょうか。

今回はもうすでに始めている方もいると思いますがOBOG訪問について書いていきたいと思います。

 

OBOG訪問とは実際に企業で働いている人に、業務の詳細や、会社の雰囲気などネットや説明会では中々集められない情報を聞くことが出来ます。

 

年々、OBOG訪問をする人の割合も増えて一般的になってきています。しかし、周りが行っているからなんとなく行くのでは、インプットできる質が変わってきます。

そこでOBOG訪問のポイントを今回はお伝えしていきたいと思います。

 

f:id:gfkyushu:20170328195735j:plain

その1 OBOG訪問の目的を明確にすること

当たり前のことになりますが、アポ取りをする前に自分がその会社の何を聞きたいのかという目的を明確にしておきましょう。


その2 一緒に働く可能性のある年代の社員さんに話を聞く

歳上すぎる社員さんに話を聞いたとしても、実際にその社員さんと一緒に働く期間は短い可能性があります。この人の元で働きたいと思える上司を見つける気持ちでOBOG訪問に挑むには、歳上すぎる社員さんは避けた方が良いかもしれません。

 

その3 適当に質問をしないこと
企業によっては質問の質を評価している場合もあります。その1と被ってきますが、質問の内容はしっかりと考えておきましょう。

また当日はこの質問内容に沿って話が進めらるので、ある程度どんな会話にの流れになるかを考えておきましょう。


なぜその会社なのかを聞かれることもあるので志望理由は明確にしておきましょう!

 

その4 当日のマナーはしっかりと
OBOG訪問は社員さんがボランティアで時間を作ってくれている場合がほとんどです。
絶対に遅刻しないようにしましょう。万が一遅刻する場合は必ず連絡を入れましょう。

 

また当日に名刺をもらうことがあるかもしれません。名刺は貰ったらすぐに鞄にしまわず、名刺入れの上に置きましょう。テーブルの上に直接置くのも避けたほうがいいでしょう。

その5 お礼のメールはその日におくる
社員の方が自分のために時間を割いてくれたくれたことを、忘れずに感謝のメールを送りましょう!
送るのは当日がベストです。どうしても当日送れなくても、翌日には必ず送りましょう。
ある程度の礼儀はふまえたうえで、自分の言葉でしっかりと感謝の気持ちをを伝えると良いですね。

 

いかがでしたか?
ネットの記事や採用サイトなどに乗っている情報も大切ですが、やはり自分の足を使って集めた情報には敵いません。

 

また、OBOG訪問に行ってその社員さんと一緒に働きたいと思った場合、なぜそう思ったのかを深掘りして行くことで、自分がどのような人と働きたいのかという軸が見えてくるでしょう。

 

OBOG訪問だけでなく、会社説明会にいったあとなども自分が何に惹かれたのかを言語化してみましょう。その逆で、嫌だと思う会社があれば、その理由も言語化して行くことで新しい軸が見えてきます!

 

面倒臭がらずに、せっかく時間を使って行くならば、最大限自分の中に落とし込んで行きましょう!

また、Goodfindでは面談も行なっていますので、軸で悩んだり、面接の練習がしたいなどあれば是非申し込んでみてください!

 

▼Goodfind面談フォーム

Goodfind 面談受付

 

また、Goodfind九州では就活でのセミナー情報や、企業の選考情報を公開しています。

Goodfindに登録して、いち早く情報を掴みましょう!

 

▼Goodfindページ

Goodfind 2018 企業を厳選して良質な情報をお届けする

 

▼Goodfindfacebookページ

https://www.facebook.com/goodfind.kyushu/